TR-3 FUJINAMI
ティーアール-スリー フジナミ

藤波 貴久選手プロフィール

1980年生まれ、三重県出身
90年 自転車トライアル世界選手権(10以下クラス)チャンピオン
91年 バイクトライアルに転向 中部選手権国内B級デビュー
92年 中部選手権国内A級チャンピオン(全戦優勝)
93年 全日本選手権デビュー国際B級ランキング2位
94年 全日本選手権国際A級ランキング3位
95年 全日本選手権国際A級チャンピオン(史上最年少)
96年 世界選手権デビュー ランキング7位
全日本選手権国際A級スーパークラス ランキング4位
97年 世界選手権 初優勝 ランキング4位
全日本選手権国際A級スーパークラス ランキング2位
98年 世界選手権 ランキング5位
98〜01年 全日本選手権国際A級スーパークラス 4年連続チャンピオン
99〜03年 世界選手権 5年連続ランキング2位
04年 世界選手権チャンピオン

ベースモデルTR-3の主な特徴

4段階可変バイザー(V-360バイザー)

ワンタッチで上下4段階に角度が変えられる可変タイプV-360バイザーを装備。走行時の風のあおりを最小限に抑え、負圧を利用してヘルメット内の熱気を排出する、V字型カットデザイン。

ベンチレーションシステム

9ヶ所の吸排気口からなる高効率ベンチレーションシステムは、前頭部にバイザー角度により吸排気共用となるベンチレーションホ-ルを設け、アウトレットにはクロスボーテックスを装備。さらに内装額上部パーツからも走行風をヘルメット内部に導入、耳周りの熱気排出にも両サイドアウトレットを装備。発汗や汗による視界不良・不快感の軽減に威力を発揮します。サイドアウトレットは、ベンチレーション機能と共に、エンジン音をはじめとする外部からの情報も聞き取りやすく、絶妙なアクセルワークでセッションを制するトライアルならではの細心設計です。

着脱内装

顎バンドを含む内装全てが簡単確実に着脱が可能。クリーンな被り心地を常にキープし、オプションのハードパットとの組合せによりサイズ調整も可能。

軽量

SHOEIの豊富な実践とテストデータの蓄積から生まれた帽体は、SHOEIの高度なファイバー複合積層技術により完成されたAIM*構造を採用。高い剛性を維持し軽量化を実現しました。

*AIM (Advanced Integrated Matrix) 強靱なガラス繊維を基に、あらかじめ3次元形状とした有機繊維を複合積層化。高い剛性を確保しながらも軽量化を可能とした、SHOEI独自のシェル構造。

このページのトップへ戻る

Menu

Photo

  • TR-3 FUJINAMI
  • TR-3 FUJINAMI

画像をクリックすると拡大表示します。

Color

  • 廃番
  • 廃番

カラーをクリックすると各色のヘルメット画像を拡大表示します。

Specification

  • サイトレーションシステム
  • クロスボーテックスベンチレーション
  • 内装フル脱着
  • 軽量モデル
  • AIM

仕様アイコンの説明

  • メディアインフォーメーション
  • セーフティコンセプト 安全性について
  • 製品に関するよくあるご質問
  • 製品取扱説明書ダウンロード
  • オプション&パーツのご注文
  • ヘルメット重量一覧表
  • PINLOCK(R) fog-free sheet/EVO lens適合表