メインイメージ

製品に関するよくあるご質問

サイズについて

サイズの選び方は?

頭の一番大きな部分でハチ周り(周長)を測ります。その数値を基に下記の表から大まかなサイズを選びます。しかし、ヘルメットは帽子とは異なり、ハチ周りだけではサイズを特定することはできません。また、同メーカーのヘルメットであってもモデルによって同じサイズでも感じ方が違います。ご希望のモデルを必ず販売店でご試着の上ご確認ください。

サイズの設定の目安は、以下の通りです。

サイズ設定の目安
XS53cm
S55cm
M57cm
L59cm
XL61cm
XXL63cm

内装のサイズを調整したいのですが、どのようにすればよいですか?

ヘルメットの内装は、標準的な頭部の形状を基に開発されていており、お客様によっては内装を調整した方がさらにフィット感を高めることができる場合があります。
内装が着脱できるモデルであれば調整は可能です、頬の部分のパッド「チークパッド」、とハチ周りを覆うパッド「センターパッド」の組み合わせを変えることで調整します。

ヘルメット内装早見表

[ チークパッド ]
チークパッドの寸法は、厚さを除き全て共通となりますので違う厚さのパッドを使用すれば、頬のホールド具合を調整することができます。

例を挙げるとMULTITECであれば、チークパッドの厚さは43mmが最も厚く、31mmが最も薄いパッドとなります。すべて互換性がありますので、たとえばMサイズをご使用の方は標準装備が35mmなので、もっと頬のホールド力をゆるくしたい場合は31mm、逆にきつくしたい場合は39mmもしくは43mmに交換します。

チークパッドは、上記のMULTITECのように厚さのみで区別するタイプと、J-STREAMのように厚さと硬さで区別するタイプがあります。硬さにソフトとハードがある場合の違いは、内部のウレタンの厚さは同様で、反発力が強いものが「ハード」となり、反発力が強いということは頬を押し返す力が強いということなので、やや強めのホールド感をつくり出し、反対に「ソフト」はややゆるいホールド感となります。

[ センターパッド ]
センターパッドはモデルやサイズによって互換性のあるパッドが異なります。

ヘルメットは、すべてのサイズに専用のシェル(帽体)や衝撃吸収ライナーが用意されているわけではありません。例を挙げるとMULTITECであれば、シェルはM、L、XLの3サイズで、さらにそれに組み込む衝撃吸収ライナーは、XS、M、L、XLの4サイズがあります。MULTITECは全6サイズのラインナップで、SサイズとXXLサイズは内装のパッド(センターパッド)の厚さのみでサイズをつくり出していることになります。
これらを念頭において、MULTITECのセンターパッド表をご覧ください。
各センターパッドの数字の頭にXS、M、L、XLの表記があります。これは、対応するライナーサイズを意味しており、同じライナー用の中でサイズを調整することができます。
たとえば、Lサイズをご使用の方は標準がL9ですので、ややゆるめの内装にしたい場合は、L5に、きつくしたい場合は、ウレタンが厚くなるL13に交換します。Mサイズの内装は、パッド表示の頭文字がMであり、Mサイズの衝撃吸収ライナー用の形状になっているため、Lサイズへの互換性はありません。SサイズとMサイズとでは、頭文字が共にMのパッドを使用しているため、互換性があります。

J-STREAM はS、L、XLの3サイズの衝撃吸収ライナーで6サイズをカバーしているので、XSとS、MとL、XLとXXLの間で互換性があります。さらにチークパッド同様にパッドの硬さもハードとソフトがあります。たとえばLサイズをご使用の方が、被り心地をきつくする場合は、L13ソフトもしくはL13ハードに交換します。逆にゆるくしたい場合は、L9よりも薄いパッドがないため、L9ソフトに変更することになります。

全体的に被り心地はよいのですが、長時間被っていると、こめかみあたりが痛くなります。こめかみのあたりだけをゆるくすることはできますか?

こめかみに限らず、長時間ヘルメットを被っていて部分的に痛みを感じる場合、その部分が他の部分に比べて圧迫が強い、もしくはヘルメットの重さが集中していることが考えられます。以下の方法をお試しください。

  • 1)ヘルメットの天井部分にハンカチや薄手のタオルを四つ折にして被ってみます。
  • 2)こめかみ部分の痛みがとれたら、そのタオルの厚みと同じ位の市販のウレタンスポンジを、内装の裏側に貼り付けてください。

現在持っている数年前のヘルメットの内装を交換したいのですが、交換は可能ですか?

転倒の履歴がなく、交換用部材が用意できるヘルメットについては、内装交換が可能です。
しかし、下記の製品をはじめとした現行ラインナップ以外のモデルは、交換用部材の関係から、内装交換をお受けできない場合があります。旧タイプのヘルメットの修理可否につきましては、当社顧客サービス課までご確認ください。

「お問い合わせ」はこちらをご覧ください。

[ 内装交換不可モデル(一例)]
RFシリーズ、GRVシリーズ、X-8シリーズ、X-8SPシリーズ、X-FOUR/X-FOUR LIGHT、J-MAXシリーズ、J-ACTER、WYVERNシリーズ、RFDシリーズ、RFDUシリーズ、MASH2シリーズ、SYNCROTECシリーズ

このページのトップへ戻る

ヘルメットの塗装について

ヘルメットのオリジナルペイントはやっていますか?

オリジナルペイントの受付は行っておりません。

ヘルメットに自分でペイントすることはできますか?

お客様ご自身でのペイントは、基本的にお勧めできません。ヘルメットに使われる材料には、塗料やシンナーなどに侵されるものがあるからです。どうしても塗装される場合は、以下の点に留意ください。

  • ・帽体以外の部分が塗料やシンナーに侵されないようにして、しっかりマスキングしてください。
  • ・乾燥のために50度以上の熱を必要とする塗料を使わないでください。

塗装面に傷が入ったのでタッチアップしたい。タッチペンなどはありますか。

誠に申し訳ありませんが、当社ではタッチペンは販売しておりません。

つや消し塗装(マットカラー)製品の注意点とメンテナンス方法は?

つや消し塗装の表面は一般塗装に比べて柔らかく、塗装面に傷や汚れ、しみが付きやすいため、取り扱いには十分ご注意ください。つや消し塗装の表面に付いた汚れやしみは、中性洗剤を水で薄めたものを湿らせた柔らかい布で拭き取ってください。この時、強く擦るとつやが生じる原因となりますので十分注意してください。また、コンパウンド(研磨剤)、プラスチッククリーナー、ワックス等ケミカル用品および、ベンジン、シンナー、ガソリン等の溶剤を使うと、塗装面にしみが付いたり、つやが生じたりする恐れがありますので、使用しないでください。

このページのトップへ戻る

その他

シールドの左下にあるレバーは何に使うのですか?

これは、「プリセットレバー」といいます。レバーを下げると、シールドが微開位置にできるシステムです。シールド内の曇りの除去や換気を簡単に行うための装備です。特に曇りに関しては大きな効果を発揮いたします。QRVタイプは、時計回りと逆方向に回すとシールドロックになります。

ヘルメットの有効期間は?

当社ではご購入(ご使用開始)後3年を目安にお取り替えいただくことをお勧めしております。ヘルメットは、使用にともない、老朽・劣化等経時変化によって新品時と同じ性能を維持できないこともあるためです。
しかし、3年以内であっても、転倒された(頭を打った)場合や、有機溶剤や高温によって発泡スチロール製のライナーが傷んだ場合、内装や顎バンドが劣化して適切なホールド性能などが得られなくなった場合は交換時期となります。

ヘルメットのメンテナンスの方法がわかりません。

ヘルメットによって、また部分によって、メンテナンス方法が異なります。間違ったメンテナンスは破損の原因にもなりますのでご注意ください。

メンテナンスの方法についてはこちらをご覧ください。

顎バンドの先端にある留め具がなくなってしまいました。どうしたらいいですか?

顎バンドの先端についているバタツキ防止のフックを「チンストラップエンドフック」とよんでいます。チンストラップエンドフックは、お客様からご連絡いただければ、無償でお分けしております。ご遠慮なくお電話かe-mailにて顧客サービス課までご連絡ください。

「お問い合わせ」はこちらをご覧ください。

PSCマークを剥がしてしまいました。もらえますか?

PSCマークについては、再交付はできません。マークは一品に一枚しか交付できず、お客様にラベルをお譲りすることはできかねます。PSCマークは剥がさないようにご注意ください。

ヘルメットをバイクのタンクから落としてしまいました。大丈夫でしょうか?

落下した状況や、ヘルメット内部に異物が入っているかなど、状況により異なります。くわしくはお電話かe-mailにて顧客サービス課までご連絡ください。

「お問い合わせ」はこちらをご覧ください。

二輪用と四輪用のヘルメットの違いは何ですか? 二輪用のヘルメットで四輪用のレースに出ることはできますか?

二輪用と四輪用では取得する規格も異なります。レースの内容により、レギュレーションで使用できるヘルメットが決められている場合があります。くわしくはそれぞれのレース主催団体にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

シールドに撥水剤を使用したいのですが、市販の自動車のフロントガラスなどに塗布するコーティング剤を使っても大丈夫ですか?

シールドの撥水剤は、必ずヘルメット用のものをご使用ください。自動車用のコーティング剤は、ガラスを対象にしている場合があるため、ご使用にならないでください。

こちらのページでもヘルメットのメンテナンス方法をご案内しています。

Q. SHOEIのMFJ公認ヘルメットの同名の海外向け製品にMFJ公認ラベルを貼ることはできますか?

日本国内で同名のモデルがMFJ公認を取得しているヘルメットであっても、ヘルメット外観は同様でも仕向地によって仕様が異なり、MFJ公認申請している製品とは異なるため、MFJ公認ラベルを貼付することはできません。

PINLOCKシールドを使用していますが、知らないうちにピンが外れてしまいました、ピンのみの販売はしていますか?

ピンのみの販売はしておりませんが、弊社テクニカルショップにて修理は可能ですので、お近くの弊社テクニカルショップにお問い合わせください。またお近くにテクニカルショップが無い場合は、弊社顧客サービス課までご連絡ください。

額部分のSHOEIロゴが剥がれてしまいました。ステッカーとして販売しているのでしょうか?

ヘルメット用ロゴステッカーの販売はしておりません。貼り換えをご希望の際はお近くの弊社テクニカルショップにお問い合わせください。またお近くにテクニカルショップが無い場合は、弊社顧客サービス課までご連絡ください。

製品に関するよくあるご質問トップへ戻る

このページのトップへ戻る