メインイメージ

製品に関するよくあるご質問

シールドについて

X-ElevenやMULTITECなどに使っているCX-1VとCX-1との違いを教えてください。

CX-1に比べてCX-1Vは左右の長さが(視界的には横幅)異なり、CX-1Vの方がワイドとなっています。残念ながら互換性はありません。
また、シールドベースについてもプリセットレバーがついている左側はCX-1とCX-1Vとでは異なりますのでご注意ください。

シールドの濃さについて教えてください。

着色濃度は以下の順番となっております。

image

シールドによってカラーバリエーションが異なります。また、スモーク色(メロースモーク、スモーク、ダークスモーク、HT)については 夜間はかなり見えにくくなりますので、夜間走行には使わないでください。ミラーシールドはベースとなるシールドカラーよりさらに光線透過率は低くなり(暗くなり)、ほぼダークスモークと同程度となります。こちらも、夜間走行には使用しないでください。

シールドに紫外線対策はしてありますか?

SHOEIでは、CW-1, CX-1V, CF-6等のすべてのシールドに紫外線吸収剤を添加したポリカーボネイトを使用しております。これらのシールドは、ほとんどの紫外線をカットしています(一部の旧タイプのポリカーボネイト製以外のシールドは除きます)。

下表をご覧ください。これはSHOEIのシールドの光線透過率を計測したグラフです。
横軸は光線の波長、縦軸は光線透過率を表しています。400ナノメーターが境となって、右側が紫から始まる可視光線、左側が紫外線となります。380ナノメーターあたりまで光線透過率が0%となっています。すなわち、紫外線を100%カットしていることになります。やがて、可視光線域の近く、380ナノメーターから400ナノメーターまでの間で急激に透過率を上げていきます。

SHOEIのシールドの光線透過率は、クリアで85%以上、ソフトスモークが71%、スモーク(ライトスモーク)37%程度ですので、その透過率に向かって、グラフの線は上がっていきます。400ナノメーター以下をすべて紫外線域とすると、グラフの斜線部分に示されるように、わずかながらですが、紫外線が透過しているといえます。このため、SHOEIではシールドの紫外線カット率は100%未満の数字で示しています。スモークなどのカラーやミラー加工によって紫外線カットの割合が変わるかというご質問も多々あります。これもグラフの斜線部分にあるように、ごくわずかな紫外線カット率の差が生じますが、紫外線域全体から見るとごくわずかであり、紫外線カット率のパーセンテージが変わるほどの違いはありません。

シールドを閉じても隙間が空いてしまうのですが?

ご使用の過程で、シールドのセッティングが多少ずれてしまったことが考えられます。
この隙間については、お客様ご自身で調整できます。
下記を参考にして調整をしてください。

シールドの取扱説明書 (CX-1、CX-1V、CF-1、CF-1V)

シールドの取扱説明書 (CW-1、CWF-1)

CX-1/CX-1Vシールドの脱着方法を教えてください。

下記を参考にして脱着をしてください。

シールドの取扱説明書

X-Eleven用のオプションパーツ、CF-1Vシールドには「2次曲面、ティアオフフィルム対応」と書いてあったのですが、2次曲面とはどういうものでしょうか? CX-1Vとは違うのですか?

X-Elevenに標準装備されているシールド(CX-1V)は、上下左右に曲げている3次曲面です。オプションパーツのCF-1Vシールドは、レースなどで使用する「ティアオフフィルム」(捨てシールド)をピッタリと貼り込むために、平らで上下の曲面がなく、左右にのみ曲げているシールドです。このティアオフフィルムは、レースなどの前にシールドに装着し、レースの走行中にオイルや虫が付着して視界が確保しにくくなった際に取り外し、視界を確保するためのものです。また、シールド左右にはティアオフフィルムを装着するためのボタンも装備しております。CF-1Vにシールドを交換する場合は、シールドの微調整が必要な場合がありますので、シールドの取り扱い説明書をよく見て、正しく取り付けてください。

ティアオフフィルムのつけ方を教えてください。

下記を参考にしてください。

RSティアオフフィルムの取扱説明書

このページのトップへ戻る

カバーについて

シーメックス2カバーの脱着方法がわかりません。

シーメックス2カバーの脱着方法をご説明します(向かって右側を外す際の手順を記載します。同じ要領で反対側も外せます)。

  • 1)カバー部分の下側に小さなレバーがあります。まずそれを下側に下げてください。すると、黒いレバーがあらわれます。
  • 2)次にカバーの左下の角部分に手を添えて(カバーの左下はちょうどヘルメットの窓側部分の下)、右手の指で先程のレバー部分の窪みのレバーを上側に押します。
  • 3)その状態で、カバーを時計回りと反対方向に30度ほど回転させてカバーの上部を手前に剥がすようにして外してください。

外していただければシールドはすぐに交換できるかと思います。カバーの取り付けは、外したカバーをベースに取り付け、カバーをヘルメット側におさえながら、外した時と反対廻りに回してください。

手軽なシールド<シーメックス>の脱着方法

シールドカバーからビスをなくした<シールド・メカニカル・システム>は、道具を使わずに下図の順番で簡単にシールドが取り外せます。また、シールドを取り付ける時は逆の順番で取り付けることができます。

シールドカバーを取り付ける際のワンポイント

STEP2でシールドベースにシールドカバーを取り付ける際、まずセンターギア(A')がギアボックス(A)にカチッという音がするまではめ込んでください。次にシールドベースのフックレール(B)にシールドカバーのフック(B')をはめ込みながらスライドします。

シールドカバーの取り外し方法

Step1
シールドを上げ、プリセットオープニングレバーを矢印の方向に下げます。

Step2
次に、図のように左手を添えながら、指で矢印の位置のノブを押しあげてフックのロックを解除してください。

Step3
フックのロックを解除しながら、カバーを図のように回転させ、シールドカバー上部を手前にはがすように外します。なお、反対側のシールドカバーの取り外しも同じ要領で行ってください。

シールドカバーの取り付け方法

Step1
シールドを図のように取り付けます。その際シールドのクリックカラーが確実にはめ込まれたのを確かめてください。

Step2
シールドカバーのセンターギア(A')をギアボックス(A)にカチッという音がするまではめ込んでください。次にフック(B')をシールドカバーの上からカチッという音がするまで押して、フックレール(B)にはめ込んでください。そしてシールドカバーを押さえたままの状態で、矢印の方向にスライドします(くわしくはシールドカバーを取り付ける際のワンポイントを参照ください)。

Step3
プリセットオープニングレバーを上げれば完了です。
なお、反対側のシールドカバーの取付けも同じ要領で行ってください。

このページのトップへ戻る

ベンチレーションについて

オプション販売しているベンチレーションの価格は左右1セットのものですか?

オプションで販売しているベンチレーションの価格は、左右1セットのものです。左右別々での販売は行っておりません。

ベンチレーションを他のベンチレーションに付け替えられますか?

ベンチレーションを止めるビス穴の位置が異なっており、基本的には付け替えることはできません。

このページのトップへ戻る

内装パッドについて

X-Eleven QDの内装は、通常のX-Elevenや他のモデルにも互換性がありますか?

X-Eleven QDの内装は、X-Eleven およびX-9にのみお使いいただけます。

内装のクリーニング方法を教えてください。

内装が着脱可能なモデルは内装をすべて外し、手洗いもしくはネットに入れて洗濯機で洗います。

くわしくは「ヘルメットのメンテナンス方法」をご覧ください。

チークパッドを片側だけなくしてしまいました。片側だけで販売していますか?

チークパッドは左右1セットでの販売となっており、片側だけでの販売は行っておりません。

内装パッドを交換したいのですが、カタログを見ると、硬さで「ハード」と「ソフト」があります。被り心地がどれくらい違いますか?

「ハード」と「ソフト」では、生地の中にあるスポンジの硬さが異なっています。被ったときの沈み込みや、あたりが若干調整できるようになっています。反発力は、「ハード」を100%とすると、「ソフト」は約90%となっておりますので、厚みは変えず、あたりだけを変えたい場合にご利用ください。ただし、感じ方には個人差があります。また、厚みについては、たとえば35mmチークパッドの場合、「ハード」も「ソフト」も厚みは35mmになっております。厚みを変更するのか、または硬さを変更するのかについては、どれくらい調整したいかによってお好みでお選びください。

ヘルメット内装早見表

このページのトップへ戻る

エアマスク・チンカーテンについて

Z-5のオプションパーツ「エアロチンカーテン」とはどのようなものですか?

エアロチンカーテンは、 ヘルメットの顎部下に取り付け、走行時に発生する風の巻き込み乱流を整え、チンガード下からの不快な風の巻き込みを抑制します。前部スリットからは負圧利用で呼気を排気して、常にチンガード内をフレッシュエアが循環する構造とし、閉塞感や湿気こもりを防ぐパーツです。取り付け方法は、帽体とライナーの隙間に差し込んで取り付けていただきます。脱着可能になっています。

こちらのページでもご案内しております。

エアマスクについて効果と種類の違いを教えてください。

口元をカバーして、呼気のシールド内への進入を防ぎ、シールドの曇りを防止する用品です。
ゴム製の用品で、「エアマスク」は直接頭部にバンドで固定するため、ある程度汎用性があります。
「エアマスク2」は、面ファスナーをヘルメット内側の口元あたりに両面テープで貼り付け、本体を面ファスナーで調整して顔に密着するように装着します。
「エアマスク3」は「エアマスク2」と同タイプで、X-Eleven、X-9用となっています。

エアマスク3とエアマスク4の違いは何ですか?

ヘルメット取り付け用のベルクロシートの形状が異なります。マスク本体は同じ物になります。

製品に関するよくあるご質問トップへ戻る

このページのトップへ戻る