メインイメージ
  1. トップ
  2. サポート&サービス
  3. ヘルメットのご使用にあたって

サポート&サービス

ヘルメットのご使用にあたって

ヘルメットのご使用前に必ず読んで下さい。

警告警告

バイクの運転には人為的な危険がつきものです。高速度や、低速度での考えられるあらゆる衝撃から頭部を保護できるヘルメットはありません。数多くの事故形態が存在しますから、ヘルメットの購入時にその保護能力を計り知る事は難しい事です。その上、ヘルメットは、それが頭部をおおっている範囲内しか保護できません。しかしながら、良くあったヘルメットを被り、あごひもをしっかり締めれば、死亡や重度の脳損傷を負う危険性を最小にできます。最良の保護を得るためには、ヘルメットが適切にフィットする事とあごひもをあごの下でしっかり締める事が大切です。適切にフィットしない場合、あるいは、あごひもをしっかり締めなかった場合は、事故時にヘルメットが脱げる危険性があります。その結果、重い脳傷害を引き起こしたり、死に至ることがあります。

製品の機能及び注意事項を充分に理解して頂き、より安全に、快適なモーターサイクルライフを送って頂くために、使用前にヘルメットのご使用にあたってを全て最後までよくお読みになってください。

  1. 製品に付属している取扱い説明書は、大切に保管してください。尚、取扱い説明書を紛失したときは、弊社までご請求ください。
    カタログや販売に関するお問い合わせ
  2. ヘルメットは、使用に伴う経時変化によって新品の時と同じ性能を維持できなくなることがあります。このため、SGマークではその有効期間を「購入後3年」と定めています。弊社では、正常に使用して異常が認められなくても、使用後3年以内を目安として交換することをお勧めします。
  3. ヘルメットに関するお問い合わせ及びご意見などは、茨城工場内顧客サービス課までご連絡ください。尚、より良い製品作りの為に、予告無く仕様の変更を行う場合があります。
    製品情報および製品の修理・品質に関するお問い合わせ
  4. SGマークの被害者救済制度について
    ヘルメットには、PSマーク及びSGマークのラベルが貼付されております。このマークは、消費生活安全法により国が定めた安全基準および製品安全協会が定めた認定基準に適合するものであることを示しています。万一、ヘルメットの欠陥により人身事故が発生した場合は、SGマーク被害者救済制度による賠償措置の対象となります。ただし、プロオートバイレースやサーカス等の特殊な使い方をしている場合や、あごひもを締めない等正しい使い方をしていない場合、あるいは、認定基準が定めるヘルメットの性能を超える衝撃を受けた場合の負傷等は、賠償の対象になりません。

SGマークについてのお問合せ先

製品安全協会 消費生活用製品PLセンター
〒110-0012 東京都台東区竜泉2-20-2ミサワホームズ三ノ輪2階
0120-11-5457 TEL.03-5808-3303

このページのトップへ戻る