メインイメージ

ヘルメットのご使用にあたって

あごひもの正しい締め方

あごひもを正しく締めることが、極めて重要です。あごひもを下方へ引張ってください。もし、あごひもがあなたののどに当たっていないか、または、たるんでいるならば、Dリングを通してあごひもを適切に結んでいないためです。図Bをご覧になり、あごひもを締め直してください。あごひもが緩んでいると、衝撃によりヘルメットが脱げてしまい、あなたの頭部を充分に保護できなくなります。
あごひもを結んだままヘルメットを脱ぐような取り扱いは、止めてください。
事故の際に脱げてしまい、死や、重い脳傷害を引き起こす可能性があります。

*あごひも締め具の種類は、モデルやその国の仕様によって異なりますので、イラストをご参照下さい。

Dリング

Dリング

Dリング方式のあごひもをしっかり締めるには、図Bに示すように、あごひもの端をDリングに通して、あごひもがあなたののどに当たるまで強く引張ってください。
しっかりと締めた後、図Bに示すように、あごひもの端にあるエンドホックを合わせて、カチッと音がするまではめこんでください。エンドホックは、余ったあごひもがパタつかないようにするためのものです。あごひもをはずす時は、エンドホックをはずしてからタブを下に引くと、あごひもがゆるみ、はずしやすくなります。
上記とは異なる形状のエンドホックはこちら

ワンタッチ・バックル

ワンタッチ・バックル

ワンタッチ・バックル方式のあごひもをしっかり締めるには、図Cに示すように、オス金具(b)にあごひもを通した上で、メス金具とかみ合うまでしっかり差し込んでください。この時、あごひもがあなたののどに当たるように、あらかじめあごひもの長さを調節してください。余ったあごひもは、ストラップラダーまたはストラップリングに通して留めます。あごひもをはずす時は、ワンタッチブラケットの両側のレバー(a)を押してロックを解除してください。
上記とは異なる形状のワンタッチバックルはこちら

マイクロ・ラチェット・システム

マイクロ・ラチェット・システム

マイクロ・ラチェット・システムのあごひもをしっかり締めるには、図Dに示すように、オス金具(c)を、メス金具とかみ合うまでしっかり差し込んでください。この時、あごひもがあなたののどに当たるように、あらかじめあごひもの長さを調節してください。
余ったあごひもは、ストラップラダーに通して留めます。あごひもをはずす時は、バックルのレバー(d)を起こしてロックを解除してください。

このページのトップへ戻る