メインイメージ

ヘルメットのメンテナンス方法

内装

脱着式内装タイプ:手洗いの場合脱着式内装タイプ:洗濯機の場合

脱着式内装タイプの場合

脱着式内装タイプについては、内装を取り外し手洗いするか、洗濯機の場合はネットに入れて洗ってください。内装がほつれたり破れたりした場合は、内装を交換してください。

固定式内装タイプの場合

固定式内装タイプは中性洗剤の水溶液で内装を拭き掃除してください。汚れがひどい場合は、布に中性洗剤やシャンプーなどを薄めた水もしくはぬるま湯をたっぷり含ませて、たたくように内装を拭いてください。汗などのにおいがきつい場合は、除菌タイプの洗濯石鹸なども効果があるようです。乾燥は日陰に陰干しして、完全に乾いてからご使用ください。水分が残るとにおいの原因になります。

ライナー

発泡スチロール製ライナーは、特に溶剤や熱に弱いため、取り扱いに注意が必要です。クリーニングは、傷やへこみをつけないように中性洗剤の水溶液を布にしみこませ、拭き掃除を行ってください。ライナーを固定している接着剤がはがれて、ライナーが動いてしまうものは、安全上問題がありますので、絶対に使用しないでください。ライナーは修理できませんが、交換できます(生産終了品については在庫をご確認ください)。

長くご愛用いただくためにも、ヘルメットのメンテナンスは、なるべく毎月習慣づけて行うようにしましょう。また、メンテナンスは、ヘルメットの傷やトラブルを早めに発見するチャンス。見つけたトラブルはそのままにせず、お早めに修理ください。

修理に関するお問い合わせ

このページのトップへ戻る